fc2ブログ

冷却星野カメラ

 冷却星野カメラの組み立て工作をやってみました。
ASI6200MCを購入した際に、何時かはこのようなシステムを組むだろうということで、安い90mmのバンドを購入してありました。
冷却カメラとカメラレンズを上手く合体するようなセットはK-アスさんなどでも販売されています。
特定レンズ専用マウントはとてもガッチリしてスマートで魅力的ですが懐が許してくれません。
ここでは何種類かのレンズを現場で工具無しで交換して使えるシステムを自作することにします。

ASI6200MC_LensSystem_1.jpg
 先ずはASI6200MC+Sigma135mmF1.8DG HSM/Artです。
レンズ先端の固定はフードの根元で行います。
最近のレンズフードは樹脂製で熱伝導が悪いので、ヒーターは直接鏡筒に巻き付けることになります。
またIFになっていて鏡筒の伸縮が無いので、フードを固定カ所に選ぶのが良さそうと考えました。
フード下側をSUNWAYFOTOのクイックリリース・クランプに支えられたプレートに取付けた2個のゴムローラーで受けています。
上側は下側を受けるゴムローラーとフードを縛り付けるようにベルトで固定しています。
こうすることで、ユニットが逆さまになってもカメラとの撓みを抑えてくれる筈です。
このレンズの場合重量は1kg以上ありますが、マウント側はカメラに固定されるので筒先は2kg位の固定力があれば充分でしょう。
ただ、この青いベルトは、伸縮性のある猫の首輪で、長さ調節してもちょっと張力不足かもしれないので、別に伸縮性のある荷締めベルトを準備しようと考えてはいます。

ASI6200MC_LensSystem_2.jpg
 画面の縦横変更はカメラ毎回転することになります。
高精細カメラではピントが命です。
鏡筒にヒーターを巻くとフォーカスリングの掴み代が無くなるので、微調整用にフォーカシングハンドルを取付けます。
SUNWAYFOTOのハンドルはレンズのセッティングが終わった後に、横から滑り込ませるように装着できるので便利です。
K-アスさんではモーターフォーカサーを準備するようなセットアップも見られますが、カメラレンズでは温度変動まで加味する必要はないので一度合わせれば終わりだし、何種類ものレンズを簡単に交換できなくなりますので考える必要はありませんね。

ASI6200MC_LensSystem_4.jpg
 これはレンズをTmronSP35mmF1.4Di USDに交換した場合のセットアップです。
全く工具を使わずにレンズ交換が可能です。
この他、TamronのSP85mmF1.8Di VC USDやSP45mmF1.8 VC USDへも同じように交換できます。

 未だ梅雨入りは発表されてはいないものの、星空の見られない日々が続いています。
こんな時はつい新しい機材の導入を妄想する悪い病気が頭をもたげてきます。
しかし、どんどん進む円安、物価高で、年金生活老人にはもはや余力などありません。
そこで、出来る限り有り合わせの機材で夢を見て、この梅雨時期を乗り切ることにしました。
 これまで集めてきた8Kセンサーに対応できそうなカメラレンズがあまり使われていませんでした。
星野撮影用のカメラは主に2台のEOS6D-SEOSP4が担ってきましたが、最近RedCat51に取付けたASI6200MCによる画像が思った以上に高精細な星像を示してくれています。
6200万画素の冷却16bitカラー画像を見ると、もはやSEOSP4には戻れませんねえ。
星景写真はこれからもSEOSP4を使い続けようと思いますが、星野写真も冷却カメラの時代でしょう。
それでもASI6200MCは1台しかないので、ε-160EDやRedCat51に加えてカメラレンズ群が参戦すると、一体どの光学系を使ってよいものやら迷ってしまいそう ・・・ 悩みの種を増やしただけだったかな。(笑
スポンサーサイト



RedCat51+ASI6200MCのスケアリング問題

RedCat51_スケアリング問題解決-1
 一昨日、RedCat51のスケアリングプレートが使えないと書いたのですが、どこかで同じ問題に出会ったような気がして ・・・ 。
そうそう、ε-160EDの回転装置も回してはいけないとして、カメラはマウントで回転させて使っていました。
それならばRedCat51もそうすればよいだけだったなあ ・・・ ほんとに歳をとってしまった。

RedCat51_スケアリング問題解決-2
 これまで使っていたマウントリングはテーパーリングの無いものでしたので、自宅に余っていた回転可能なEOS用のカメラマウントに交換しました。
鏡筒の回転装置はペンチでシッカリ締めて指では緩まないようにしました。
ここが回ってしまうとスケアリング調整がパーになっちゃいますからね。
スケアリングプレートの調整押し引きねじは4カ所で、マウントの回転固定ねじは3カ所なので、どう回してもどこかでねじが重なるので調整が面倒くさそうです。
回転位置の指標はありませんが、キラリンスパイクが画面と直交するように回転調整すればよいでしょう。
 扨、自宅で調整できるかなと思ったら、どうも暫く晴れそうもありません。
今年は梅雨入りが早いのか、月末の新月期の遠征は無理かもですね。

2022ベランダ菜園開始

2022ベランダ菜園開始-3
 朝は晴れていたので港へサイクリングに出かけました。
帰りにホームセンターの園芸館を覗くとゴーヤの苗を見つけました。
随分と暖かくなってきたので、急に「そうだ、今日ベランダ菜園を始めよう」と思い立ち苗を買ってきました。
 ゴーヤは3種しかありませんでしたので、最もオーソドックスに近い「あばしゴーヤ」を選び1本買いました。
ゴーヤネットの台用プランターにも何か植えようと思い、ナスも2本買います。
こちらは初めてなんですが、何だか最も良さそうな苗を選んだのですが、品種は「庄屋大長」という30cmにもなる長ナスです。
帰宅してからナス用のプランターは15Lの小さいものなので、ちょっと育たないかもと心配になりました。

2022ベランダ菜園開始-4
 帰宅して、早速ゴーヤネットを設置して苗をプランターに移植しました。
ナスは心配ですが折角購入したので植えました。

2022ベランダ菜園開始-1
 寒冷紗兼用で虫よけネットも被せました。

2022ベランダ菜園開始-2
 先月中旬から、昨年近所のスーパーマーケットで購入した長大ゴーヤから採取してあった種で苗を作ってみたのがこれです。
本来ゴーヤは最初の本葉は丸いのですが、これは細長い二等辺三角形でオカシイなあという感じです。
散々育ててからダメでしたでは困るので、このスーパーゴーヤの苗は廃棄しました。
色々調べると、販売用にゴーヤを作る農家ではF1種が多いようです。
それであんなに立派に育っていたのかと思い、計画変更しました。
2020年に採取した「沖縄中長」の種があるので、そちらがよかったかも。
今年の「あばしゴーヤ」も出来次第で種を採取しようかとも思います。

M16からSSSCへ

Banbi_20220504.jpg
From M16 to Small Sagittarius Star Cloud (M24 and IC4715)
2022 May 05 at Koumi
RedCat51(FL250mm) + (IDAS ODW) + ASI6200MC(-10℃), with KIralinFilter
VixenGP2 + SkyWatcherEQ5GOTO + FUJINON HF75HA-1(75mm/F2.8) + ASI120MM-Mini + PHD2 Dither
5minX19, 15secX10, Total exposure:95min
Control and capture by MaxIm DL Pro6
PixInsight 1.8.9, FAP 1.2.3, PhotoShop CS6

 タイトルのSSSCは聞き慣れませんが、日本語表記では「いて座小スタークラウド」通称バンビです。
敢えて英語呼称の略としました。
 小海での撮影時間は2時間以上あったのですが、何故かガイド流れが多くてコマ数が減ってしまいました。
おまけに画面のM16側がピンボケで散々です。
これはスケアリング不良ですが、RedCat51のスケアリングプレートは回転装置の後方に付属しています。
しかし、ここを弄ると画面を回転した際にまたスケアリング不良が起きます。
回転装置では絶対に回転せずに、鏡筒毎回転させればスケアリング調整できます。
そうするとフォーカスリングにEAF用のタイミングベルトを巻き付けているのでまた問題fが起きます。
それが嫌で画面四隅の星像平均位置にピント合わせするのですが ・・・ 。
メーカーは初期はオプションだったスケアリングプレートを標準付属としたのですが、その際にもう少し考えてくれていたら嬉しかったかな。
この時は良かれと思ってEAFで5step動かして試写で確認したつもりでしたがピンボケ画像を作りました。
キャプチャーはMaxIm DLですから、EAFを取付けているのでAutofocusも可能ですが、像面が傾いたり湾曲したりしている場合は画面中のどこの星を使ってピント合わせするかで結果が最良にはなりませんので使えません。
今回の場合は鏡筒の問題部分を知りながら使っているのですから、結局は自分の失敗なんですがね。
 処理終盤でPIのMTで星を絞った画像を、PSでマスクを使いM16側だけ入れ替えています。
捨てたくはないので処理しましたが、撮影に失敗すると後々面倒で、この掲載サイズが精一杯です。

アンタレス付近の星野

アンタレス付近の星野_20220505
2022 May 04 at Asagiri / May 05 at Koumi
RedCat51(FL250mm) + (IDAS ODW) + ASI6200MC(-10℃), with KIralinFilter
VixenGP2 + SkyWatcherEQ5GOTO + FUJINON HF75HA-1(75mm/F2.8) + ASI120MM-Mini + PHD2 Dither
5minX47, 15secX26, Total exposure:235min
Control and capture by MaxIm DL Pro6
PixInsight 1.8.9, FAP 1.2.3, PhotoShop CS6
 恒例のカラフルタウンですが、何だか画面下側が間抜けになった感じです。
ステラリウムで撮影計画を決めたのですが、もう少し北へずらして暗黒帯を入れた方が良かった。

小海ふるさと撮影風景_20200505
 GWはお天気が悪そうと思っていましたが、晴れましたね。
道は混み合いそうなので5/3は相も変わらず朝霧アリーナへ出かけました。
トイレのある側の駐車場には15台位の車が集まってにぎやかでした。
先月も顔を合わせたKさんが渋滞にはまって何時になく遅くに到着してご一緒しました。
5/4は南からせりあがってきそうな雲を避ける為に私一人で小海へ移動しました。
GWなのでレストランふるさとの駐車場も混んでいるだろうと思ったらガラガラで、結局2台だけでした。

小海ふるさと全天_20200505薄明開始直前
 5/5の薄明開始直前の全天です。
小海は宵の口は風もあって南の低い空には雲が広がっていたのですが、時間と共に回復して結構な空を堪能しました。
帰途は道が混むだろうと覚悟していたのですが、時間が早い一般道でしたので信じられないくらい車が少なくて拍子抜けでした。
2晩だけでしたが今期もボウズにならずに済みました。
今回も銀河狙いでしたが、月末の梅雨入り前の新月前後で晴れるようなら夏の天の川を狙いかな。

※5/7追加
M80切り出し画像_20220505
画面右上のM80部分の等倍切り出し画像です。
プロフィール

voyager_camera

Author:voyager_camera
随分昔に小惑星観測をしていましたが、もう新天体捜索も位置測定もしませんので、鑑賞天体写真撮影に努めています。天文雑誌は買わない読まない流儀なので雑誌のフォトコンには応募しません。偶に天文カレンダーに採用していただきますが、主にブログで写真を見ていただいています。
mail:y-osima@r.sannet.ne.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR