ミードSC25cmF10の主鏡分解

 昨晩は予報に反しての曇り空で、全く星が見えませんでした。
それで早めに床に就いたのですが、暫く放って置くつもりだったSC25cm主鏡のことが気になって中々眠れませんでした。
思い立ったら吉日と言いますから、午後から主鏡の分解作業に挑戦しました。

SC25cm主鏡バックプレート外し_20180804
 先ずは主鏡裏面のバッフル・スリーブを抑えているバック・プレートを外しました。

SC25cm主鏡を落とす_20180804
 本来はこのようにすると主鏡が簡単に下に落ちる筈ですが、中々落ちません。
バック・プレート用のネジ部にもシリコンボンドが入り込んでいるようで、主鏡がスリーブに接着されています。クッションフロアに紙を敷いて少し強く叩くような感じで落とすようにしたところ、次第に抜けてきました。

SC25cm主鏡からバッフルスリーブが抜けた_20180804
 やっと抜けました。

SC25cm主鏡裏面の余分ボンドをカット_20180804
 主鏡裏面には薄いパッドがシリコンボンドで貼り付けられていましたので、パッドは残したまま、はみ出たボンドをカットします。
また、主鏡穴周辺に残っているボンドもカットして取り除きます。

SC25cm主鏡の洗浄_20180804
 主鏡を中性洗剤で洗いました。

SC25cm主鏡再組立て前_20180804
 再組立て前の部品の状況です。
主鏡穴とスリーブ間には多少径方向のガタがあったので、既にガタ防止で巻かれていた紙製の養生テープの上に、もう少しだけテープを貼ってガタ調整をしました。
主鏡前後のガタは、スリーブを手で持って振り、ガタを感じては少しづつバック・プレートをネジ込んで行き、ガタを感じなくなったところでセットスクリュを締めました。

 これでSC25cmの再組立てを終わったのですが、果たして星像のアスが消えてくれるでしょうか?
少しでも良い方向に進んでくれるように祈るばかりです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

voyager_camera

Author:voyager_camera
小惑星観測屋崩れの「天体写真か!」です。もう新天体サーベイも位置測定もしませんので、鑑賞天体写真撮影に勤めています。訳あって天文雑誌などのフォトコンには応募しませんが、このブログ以外でも写真を見ていただける機会が増えるようボチボチやってます。(大島 良明)
mail:y-osima@sannet.ne.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR