パンスターズ彗星(C/2017 S3) 20180721

 昨朝、パンスターズ彗星が急増光して結構長い尾が撮影されているようでしたので、今朝はガリバーへ出かけました。
夜半前に到着して早速機材をセットしたのですが、星が見えないだけでなく小雨のぱらつく始末です。
それでも望遠鏡にシートを被せて晴れ間を待ちました。
02時頃に雲が切れ始めて富士山も顔を出し、薄明までの1時間程は天の川も見える幸運に恵まれました。

C2017S3_20180721.jpg
C/2017 S3(PanSTARRS)
2018年07月21日 02時33分~03時02分 JST
BDC21F32(D210mmF3.2) EOS6D-SEOSP4 ISO3200 120secX14
 ぱっと見て、どうも昨日のように尾が伸びているような感じがありません。
10X40の双眼鏡ではコマのみがぼんやり見えるようになったので、7/15に比べて随分と明るくはなっているのですが。
彗星基準でスタックし恒星を流すとバックが五月蠅くなるので、久々にDSSを使って彗星・恒星基準での合成を試みたのですが中々上手くゆきません。
lightフレームのスタック・パラメータを色々変えてみたのですが、バックに消え残った星像がゴミのようになったり、移動方向にコマが流れたようになったりでものになりませんでした。
仕方なく恒星を流したまま尾を引っ張り出せないかと処理してみたのですが、上の写真が精一杯です。
尾は画面の右上の対角方向に伸びている筈ですが、モノクロ反転画像を見ても有るのか無いのか解りません。
もう暫くは月の影響が無く撮影するチャンスはあるのですが、どうもお天気が思わしくありません。
何とか尾の伸びた姿を撮影したいので、月の影響を受けない7/25まで粘ってみますが、どうなりますか。

久々のBSC21F32_20180721
 今朝の撮影は昨年末以来で引張り出した自作のベーカーシュミットカメラです。
梅雨期間に光軸調整を行ってから初めての撮影でした。

BSC21F32TEST_20180721.jpg
 これが彗星を撮影する前にピント出しを行ったときの画像(ISO3200/30sec/JPEG/ダーク・フラット補正無し)です。
画面中央はα And(Alpheratz)です。
2等星ですが、左側に淡く青いモヤモヤしたゴーストが写っています。
ゴーストは補正板にマクストフ補正板のような曲率を持たせることで消すことが出来そうなので計画中ですが、完成するのは何時になりますか・・・
スパイダーによる光条は四方の長さが異なって恰好悪いですね。
スパイダーをもっとビンと外側へ引っ張って、対辺の羽根を一直線にしないといけないのかな?
元々、6X7版用に設計してた鏡筒でイメージサークルはφ80mmほどありますから、四隅の減光はマウントによるケラレです。

BSC21F32切出し星像_20180721
 等倍で中央と四隅を切り出した画像です。
星像もスケアリングも満足のゆく状態でした。

 薄明が始まって、機材をそのままに車内で仮眠したのですが、目が覚めると全天厚い雲に覆われていました。
帰途、富士市内まで戻ると青空が戻ってきましたので、ガリバーは富士山周辺に貼りついた雲の中だったのでしょうか。
もし7/25までに再度チャンスがあるのであれば、今度は井川方面かな。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

voyager_camera

Author:voyager_camera
小惑星観測屋崩れの「天体写真か!」です。もう新天体サーベイも位置測定もしませんので、鑑賞天体写真撮影に勤めています。訳あって天文雑誌などのフォトコンには応募しませんが、このブログ以外でも写真を見ていただける機会が増えるようボチボチやってます。(大島 良明)
mail:y-osima@sannet.ne.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR