追尾ジャンプの解消

 AZ-EQ6GT赤道儀の追尾ジャンプ問題で大騒ぎした後、暫定処置として接点清掃を行い次の出撃を待つつもりだったのですが ・・・ 昨晩はどうもテストくらいは出来そうなお天気になりました。
善は急げということで、ジャンプ問題個所特定の切り分けテストに出かけました。
場所は朝霧ですが、もしかしてスンナリ問題解決したら何か写真も撮ってこようと思ってのことです。
結局、写真を撮る暇なんかなかったのですが ・・・

 未だ上弦前の月が残っていましたが、雲も少なくてテストには十分な空です。
何時ものように架台を組上げて電源を入れてアライメント ・・・ あれーっ?
何かおかしいですよ、アライメントを開始しましたが筒が星と全然違う(時角)方向を向いてしまします。
ハンドコントローラーの方向キーで無理やり向けてアライメントを実行しようとすると45°以上の修正は受け付けないのか、アライメント失敗です。
 何時もはあまり読まないSynScanの英文のマニュアルを見ると、どう内蔵エンコーダの値が実際の緯度・経度・日付・時刻から作られる時角とうまく合わないようでした。
AZ-EQ6GTはクランプフリーにしても位置表示できる補助エンコーダを持っています。
赤道儀本体の基板清掃をした際に、モーター軸のエンコーダとは別に持っている外付けのエンコーダ用アップダウンカウンタのプリセット値がズレてしまったような感じ ・・・ ええっ、バックアップ電池をOFFしていないし、エンコーダのコネクタは外してもいないので、こんなことになるとは思っていませんでした。
 何だかよく解りませんが、SynScanのSetupの中には"Enable/Disable Auxiliary Encoder"と"Synchronizing Encoders"という設定がありますので、先ずは"Enable"になっていた"Auxiliary Encoder"を"Disable"にして。
筒と星が大きくずれたアライメントを少しづつ近づけるように繰り返し行って。
ちゃんとアライメント出来たら、そこで"Synchronizing Encoders"を実行すると、シンクロ星の選択を求めてくるので、アライメントと同じ星を選びます。
そこでアライメント同様、シンクロ星を視野中央に移動してエンターキーを押すと"Sync Encoder Completed"と表示されました。
ここで"Auxiliary Encoder"を"Enable"に戻して、完了 ・・・ か?
 どうもこれで今までのようにアライメントができるようになりました ・・・・・・ 一体なんでこんなことになったんや!
違う違う、ジャンプ問題の切り分けテストに来たんでした。

JumpTest_20180521.jpg
 れれれっ、れれっ、どうもトラッキングエラーを出しませんねえ。
オートガイドを始めて記録を取ってみましたが、1時間以上経過してもジャンプ現象が発生しません。
うーん、接点清掃だけで解消してしまったようです。
この赤道儀を購入してから5年、電気オンチの私は一度も接点清掃を行っていませんでした。
色々な人に相談して、大騒ぎして、挙句の果てがこれかい。orz

 前回の記事をご覧になって「スワッ、スカイウォチャー赤道儀に問題か?」と思った皆様、本当にお騒がせいたしました。m(_"_)m
今回の接点清掃は綿棒にアルコールを付けてシコシコ擦っただけですが、これを機に接点復活スプレーを購入しましたので、綿棒と併せて持ち出し観測用品に加えました。
「レンズはピカピカでも、定期的な接点清掃もしない奴は星家として失格じゃ!」 と自分に言い聞かせています。・・・ voyager_camera

コメントの投稿

非公開コメント

なるほど、主要因は接点不良でしたか。
学生時代には指導教官から、
まずは電源を、次にケーブルを疑え!
と、よく言われてましたが、接点もケーブルの一部のようなものですしねぇ。
ともかく解決に向けて進み出されたようで何よりです。


No title

あぷらなーとさん、こんにちわ。
今回のAZ-EQ6GTのトラッキングエラーにつきましては、今晩もう一度チェックしてこようと思います。
望遠鏡のケーブルは寒い冬に折れたり切れたり大変ですが、その他の理由で内部断線することが少ないのではないでしょうか。
それよりもコネクターのケーブル圧着部とか接点の汚れが原因のトラブルが多そうです。
電気オンチの私にとって、購入してから14年になるスカイセンサー2000PCのメンテナンスが悩みの種です。
先ずは接点復活剤でプシューッとやっていますが・・・
プロフィール

voyager_camera

Author:voyager_camera
小惑星観測屋崩れの「天体写真か!」です。もう新天体サーベイも位置測定もしませんので、鑑賞天体写真撮影に勤めています。訳あって天文雑誌などのフォトコンには応募しませんが、このブログ以外でも写真を見ていただける機会が増えるようボチボチやってます。(大島 良明)
mail:y-osima@sannet.ne.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR