第20回 宇宙と天文の講演会

 昨日は伊豆の国市韮山時代劇場で行われた月光天文台主催の宇宙と天文の講演会に出かけました。
何時もの仲間3名との参加でした。

月光第20回天文講演会-0_20180512
 これは講演会前恒例のミニコンサート(たなかみどりさん)です。

 今回の講師は千葉工大主席研究員の荒井朋子先生で、演題は「流星群とその由来天体から地球生命の起源に迫る」というもので、14時から1時間半お話を伺いました。
月光第20回天文講演会-1_20180512

月光第20回天文講演会-2_20180512

月光第20回天文講演会-3_20180512

月光第20回天文講演会-4_20180512

月光第20回天文講演会-5_20180512

月光第20回天文講演会-6_20180512
 講演会終了後は、近くのCOCO'Sで1時間ほど講演会の中身についての評論会を・・・
特に千葉工大にどうして惑星探査研究センターなどが造られたのか、20名以上のメンバーの人件費は誰がどのような形で工面しているのか等、とても講演後の質問では取り上げられないような下世話な話題で盛り上がりました。(笑

 次回の講演会は8/11柴田一成先生の「太陽活動と地球環境」という大変興味深いテーマで、是非にも参加したいと思っているのですが、今回一緒に参加したメンバーからは日時の設定に不満が漏れていました。
今回もそうだったのですが、新月期の土曜日は星見遠征に出かける人にとっては迷惑な日程ですね。
各地の天文同好会の例会などもそうですが、基本的には満月前後の週末が一般的だと思うので、講演会アンケートにはメンバー揃って開催日を一考してほしい旨意見を書きました。

 〆は三島に出てから、それぞれの帰途に就く前に焼鳥屋さんで3時間ほどの反省会を行いました。
反省会の方が目的だったりして・・・何も無しで反省会だけはできないので、仕方なく講演会に参加しているのではありません。(キッパリ!)
次の講演会が楽しみです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

voyager_camera

Author:voyager_camera
小惑星観測屋崩れの「天体写真か!」です。もう新天体サーベイも位置測定もしませんので、鑑賞天体写真撮影に勤めています。訳あって天文雑誌などのフォトコンには応募しませんが、このブログ以外でも写真を見ていただける機会が増えるようボチボチやってます。(大島 良明)
mail:y-osima@sannet.ne.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR