小海遠征 Part-2

 4/19~4/21は先週に続いて八千穂高原へ遠征しました。
今回は機材テストではなく、何時もご一緒していただくYさんとの本気撮影の連泊です。
初日は図らずも、先週同様にTachiさんも見えて3人での星見となりました。

へびつかい座の散光星雲_20180420
へびつかい座の散光星雲
2018年04月20日 02時06分~03時27分 / 150秒露出×24コマ
キャノンEOS6D(SEO-SP4,ISO3200)
SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM(絞りF4.0)
VixenGPD-SE + SS2000PCにてP-PEC自動運転
 4/19は少し風があって、RC25cmF10での撮影は苦しいものがありました。
朝方の夏の天の川の撮影には、久しぶりに持ち出したシグマ180mmマクロを使ってみました。
へびつかい座の散光星雲は度々挑戦するのですが、何度撮っても満足に表現できません。

 初日の成果は少なかったのですが、4/20は午前中からヤッホーの湯でのんびりと過ごして昼食を取りました。
その後、夕食の買い出しのついでに松原湖に寄りました。

松原湖しだれ桜_20180420
 大きな枝垂れ桜が満開でした。

松原湖つつじ_201810420
 少し暑いほどの陽射しの中、つつじも今を盛りと輝いています。
買い出しから戻ると偽麦酒でプチ宴会を済ませ、キャンプ用リクライニングチェアで晴天下の昼寝を楽しみました。

春の宵in八千穂高原_20180420
 風の治まった春の宵に沈む冬の星座を眺めながら、やがて訪れるであろう極上の星空を予感しながら黄昏を楽しみました。
前半夜は風も露も無く、多少透明度は悪いもののイメージも穏やかで春の銀河を撮影するには最高の夜でした。
(この成果は後日)
 夜半からは透明度も上がってきたのですが、何故かそれと引き換えにイメージが急激に悪化します。
しかし、夏の天の川をカメラレンズで撮影するには良い空でした。

アンタレス付近の星野_20180421
アンタレス付近の星野
2018年04月21日 01時27分~02時28分 / 150秒露出×24コマ
キャノンEOS6D(SEO-SP4,ISO3200)
SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM(絞りF4.0)
VixenGPD-SE + SS2000PCにてP-PEC自動運転
 毎年撮影する対象ですが、シグマ180mmマクロでの撮影は久々です。
例によってノーガイドのお気楽撮影ですが・・・

オメガ星雲付近の星野_20180421
オメガ星雲付近の星野
2018年04月21日 02時32分~03時32分 / 150秒露出×22コマ
他は同上
 おなじみ、バンビ付近の星野です。

夏の天の川と惑星たち_20180420
夏の天の川と惑星たち
2018年04月20日 02時42分~02時53分 / 6秒露出×100コマ
キャノンEOS6D(SEO-SP4,ISO6400)
TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD(24mm/開放) + LEE No.2フィルター
固定撮影
 GPD-SE赤道儀で撮影している際、タムロンの広角ズームであちこち星景を撮っていたのですが、遊び半分で短時間固定撮影の多数枚スタックを試しました。
フラットもダークも無しでお手軽撮影ですが、後処理を考えるとやはり赤道儀に載せた方が楽でした。(W

 これで4月の遠征は終了です。
来月の遠征は、5/12に伊豆の国市韮山で行われる月光天文台主催の天文講演会に合わせて出かけます。
メンバーはYさん、Nさんとの三人で・・・西伊豆かな?

コメントの投稿

非公開コメント

No title

凄い成果があったのですね。
うらやましいです。
こちらは最近は晴れる日が多くなってきましたが、透明度のいい日が少ないので、殆ど活動できていません。

へびつかい座の大型星雲は、結構周りにも淡く広がっていてうまく行くと撮りごたえがありますよ。
サソリやいて座のあたりはカラフルで美しいですね。
やっぱり緯度の低い方が有利だと思います。

月がだんだんと大きくなってきているので、私は来月から本格始動になると思います。

No title

へびつかい座の散光星雲は1時間露光ではあまりぱっとしませんでした。
もっと時間を掛けないとだめなのか、ただ処理のレベルが低いのか・・・北海道に比べると緯度的条件は良いのですが、できた画像はイマイチですね。

来月になれば北海道は雪も無くなって最高の季節になっているでしょうねえ。
生まれてから一度も北海道の地を踏んだことが無いのですが、空も暗そうで憧れます。
本格始動されたら夏の天の川の凄いのを期待しています。
プロフィール

voyager_camera

Author:voyager_camera
小惑星観測屋崩れの「天体写真か!」です。もう新天体サーベイも位置測定もしませんので、鑑賞天体写真撮影に勤めています。訳あって天文雑誌などのフォトコンには応募しませんが、このブログ以外でも写真を見ていただける機会が増えるようボチボチやってます。(大島 良明)
mail:y-osima@sannet.ne.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR