FC2ブログ

Meade SCT25cmF10の星像テスト-5 (最終回)

 火星の大接近に併せて稼働するはずだったミードの25cmシュミットカセグレン鏡筒の最終テスト報告です。
前回の報告では主鏡を傾けることでアスを消す改造と実験を行いましたが、満足のゆく星像を得ることは出来ませんでした。
 これまで解ったことは「主鏡にアスは無い」ということと「補正板か副鏡にアスがある」ということです。
その後、原因となるエレメントが補正板か副鏡かを特定するためのテストを行いました。
テストは補正板を固定したまま副鏡だけを90°回転させて、それに伴ってアスを持った内外星像が回転するかというものです。
結果は「変わらない」ということで、「問題エレメントは補正板」に確定しました。

 そこまで解っても交換する補正板がありません。
暫くヤフオクなどを眺めていたのですが一向に出物が見られません。(C11の出品は多いのですが・・・)
そこでセカイモンを覗いてみると ・・・ ありました!
ということで、初めてセカイモンで落札しました。

MeadSCT25梱包セカイモン_20180926
 9/26に到着しました。
送料と消費税を加えても、前回ヤフオクで購入したときとほぼ同額でした。

MeadSCT25鏡筒セカイモン_20180926
 即日、分解清掃して状況確認とアリガタ取付け用のタップ加工をしました。
一度分解されているようで、ミラーシフト防止用のロック用ギヤの噛み合い位置が大きくずれていました。
光学系は綺麗でしたので、その晩に星像確認を行いました。
アスも無く、色収差も大変小さく、多少の内外像の非対称はあるものの、現行の問題SCT鏡筒とは雲泥の差でした。
しかし、既にあちこちに穴を開けたりファンを取り付けたりした鏡筒を捨てたり、またまた新規鏡筒を改造する気力などはまるで残っていません。(火星はもう小さくなっちゃったし)

SCT25ImageTest_20180928.jpg
 ということで、現行の問題鏡筒とセカイモンで購入した新規鏡筒の補正板だけを交換することにしました。
これなら直ぐにでも結果が確認できますね。
その結果が上のテスト星像です。
あまりイメージは良くなかったのですが直焦点にASI178MCを取り付けて撮影したものです。
補正板と副鏡もソックリ交換しては見たのですが、補正板だけの交換が最も良さそうです。
主鏡も交換できればベターだったのかもしれませんが、バッフルやセルの構造が違っているので諦めました。
アスは無くなりました。
色収差もほぼ無視できる程度まで減少しました。
内外像の対称性はイマイチですが、これ以上の時間と費用の捻出は難しいです。

 結局、ミードのSCT25cm鏡筒が2本になってしまったわけです。
勿論、今回セカイモンで購入してアス・色収差付き補正板に交換した鏡筒はジャンク品として処分するしかありません。
その際はシッカリと光学性能の状況を説明して、自分で分解清掃くらいできる方に超格安で引き取ってもらうことになります。
月・惑星の観察などには使えませんが、低倍率での観望やコマコレを入れての星雲星団の撮影程度は出来るかもですね。
主鏡のロック機構があるので何とかなる ・・・ 私はRC25cmがあるので使いませんが、どうでしょう。
兎に角、落札価格の10~20%位は回収出来たら嬉しいな。
 最初の鏡筒をヤフオクで落札した際にこのような問題になるとは思ってもみませんでした ・・・ もしこれが新品であったら初期不良として交換してもらえたのだろうか?
多分、販売店さんの実力次第でしょうね。
うーん、随分とお勉強させていただきました、これでお仕舞です。
スポンサーサイト



SCT25cm筒内気流防止ファンの故障

 昨晩は久々の晴天でしたので、ベランダでMeade SCT25cmF10の星像テストを行いました。
最終テストで満足のゆく結果が得られたので、あまりイメージが良くない夜ではありましたが、半過ぎには月面の拡大撮影でもしようかとそのまま鏡筒の外気順応を行っていましたところ、突然バッテリー電源のヒューズが切れました。
どうも、6個ある筒内気流防止ファンのどれかが壊れたようです。
結局、昨晩はファンによる十分な外気順応を行わずに月面撮影を行いました。

SCT25ファン故障_20180928
 先ほど鏡筒を分解して調べましたところ、やはり1個のファンが死んでいました。
このファンはPCラップトップ用の□40mmの安物のファンですので、やはり耐久性に問題があるのでしょうか。
前回はモノタロウで@¥499で購入したのですが、今回は補修用としてAmazonから送料込み@¥298を3個購入することにしました。
何だか物凄く安いのですね。
アメリカのトランプさんは中国製品に高い関税をかけるようですが、同じようなことを日本でやられたら我々貧乏人は辛いですよ。
私が使っている天文用品も、大部分が中国製になってしまいました。
私だって〇カハシや〇クセンの製品が良いなあと思ってはみても、予算を考えると結局スカイウォチャーやGSOなどになってしまう。
趣味の世界にも格差の波が押し寄せてきているのか ・・・ orz

ソーラーパネルを交換

 昨年の夏に導入した、観測用バッテリーの充電用ソーラーパネルが死にました。
この夏にパネルを車に屋根に載せたままにして置いたら、マグネットシートが喰い付いて取れなくなったことがありました。
その際にパネルを剥がそうとかなり強く曲げた為に内部断線してしまったようです。
10年位は使うつもりでいたのでチョット残念でした。

新旧ソーラーパネル_20180928
 左が旧パネルで右が新パネルです。
同じ100Wですが、新パネルの方が25%程お安くなっていました。
太陽高度45°で測定したところ、17.0Vで3.27Aですからまあまあです。
今度は車に喰い付かないように対策をして長持ちさせたいと思っています。

「2019年ビクセンオリジナル天体カレンダー」入選

 久しぶりにビクセンの天体カレンダーに入選しました。

ジョンソン彗星-C2015-V2_2019版ビクセン天体カレンダー入選
「ジョンソン彗星 C/2015 V2」

 毎年、月光天文台のカレンダーには応募しており、来年版では2点採用していただいているのですが、今回はビクセンでも1点採用していただきました。
前回ビクセンで入選したのも彗星だったので、なんだか彗星写真しか撮っていないような感じです。
最近は太陽活動低下と関係してか、大彗星は勿論、なかなか肉眼彗星まで成長するものも少ないのが現状です。
少し明るくなって話題になるのは周期彗星ばかりで、ぐちゃぐちゃのイオンの尾を棚引かせるようなバージン彗星に出会いたいですねえ。

中秋の名月 2018

 昨晩は十五夜(中秋の名月)でした。
天気予報では夕方頃は見られるものの夜半には曇る筈でした。
家のベランダは南西向きですから、夜半過ぎでなければ撮影はできないのですが ・・・ 夜半過ぎには雲間を出たり入ったり。

中秋の名月_20180925-2
中秋の名月 2018
2018年09月25日00時37分~00時49分 / 12コマモザイク
MEADE LX200 EMC(D203mmF.L.2000mm) + VIXEN-R200SS ComaCorrector3 + ASI174MC
Gain=200 / Shutter=1.50ms / Duration=30s / 31FPS-930コマ(50%スタック)
VixenGPD赤道儀にて自動運転
AutoStakkert! 2.6、RegiStax 6.0、ImageCompsiteEditor、PhotoshopCS6にて画像処理

 つい先日までのベランダ撮影は汗だくでしたが、だいぶ涼しくなってくれました。
雲の間を出たり入ったりするお月見です。
撮影後、月光を浴びながら就寝しましたが、朝は雨音で目が覚めました。
秋の雨は何時まで続くのか、梅雨よりも長いような ・・・。

とかげ座の散光星雲

Sh2-126_20180917.jpg
Sh2-126
2018年09月17日00時00分~02時33分 / 5分露出×36コマ
キャノンEOS6D(SEO-SP4,ISO3200)
BORG77EDII_F4.3DG(D77mmFL330mm)
VixenGPD+SS2000PCにてP-PEC自動運転

 以前から撮影しようと思っていた淡い星雲です。
21Pの高度が上がってくるまでの待ち時間で挑戦してみたのですが、キリッとしませんね。
総露出時間が足りないのか、処理技術が未熟なのか ・・・ これで9月の遠征は終了です。

ジャコビニ・ジンナー彗星(21P) 20180917

 昨晩は21Pを撮影に、久々に大日峠へ出かけてみました。
夜半前までは霧が出ていたのですが、その後は快晴に恵まれて無事に撮影できました。

21P_20180917.jpg
ジヤコビニ・ジンナー彗星とふたご座の散光星雲
2018年09月17日03時02分 / 2分露出×6コマ
キャノンEOS6D(SEO-SP4,ISO3200)
BORG77EDII_F4.3DG(D77mmFL330mm)
VixenGPD+SS2000PCにてP-PEC自動運転

 肉眼では確認できませんでしたが、16X70の双眼鏡で楽々見えました。
久々の大日峠でしたが、空は結構暗いと感じました。

大日峠北_20180917
 これはEOS6D+TAMRONSP15-30mmF2.8(15mm開放)30秒固定で撮影した北天です。

大日峠西_20180917
 こちらは西天、北天同様に地平付近まで街明かりの影響が少ないですね。

大日峠東_20180917
 こちらは東天、静岡から富士、沼津の街明かりの影響があります。
南は木立が覆っていますので、オリオンがギリギリ見られる程度で、おおいぬは見えません。
見えても静岡の明かりが眩しいので撮影には向きません。
大日峠駐車場は視界はあまり良くありませんが、その分風に悩まされることも無く、自宅から50km位なので春秋用の撮影地です。
プロフィール

voyager_camera

Author:voyager_camera
小惑星観測屋崩れの三流天体写真家です。もう新天体サーベイも位置測定もしませんので、鑑賞天体写真撮影に努めています。天文雑誌などのフォトコンには怖くて応募しませんが、このブログ以外でも写真を見ていただける機会が増えるようボチボチやってます。(大島 良明)
mail:y-osima@r.sannet.ne.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR