FC2ブログ

CL3Eの分解大清掃とAZ-EQ6GTバックラッシュ年末調整

CL3E_Restore_1.jpg

 今日は大晦日、雰囲気だけの大掃除も終了して、今年最後の記事を書いています。
先ずはクリスマスプレゼント(CL3E)のクリーニングの結果です。
元々、結構綺麗でしたので、作業は途中から比較的順調に進みました。
「途中から」といいますのは、脚部分の固定に手を焼いて全体の半分に当たる4時間ほどを費やしてしましました。
ピラーに当たるアルミパイプは両端内側にねじが切ってあり、三脚とマウント台をそれぞれねじ込んで、その上に回り止めのビスを通しています。
ところが、パイプを充分ねじ込まずに止めビスのタップを立ててあるため、グラグラしています。
かといって、新たに穴を開けては傷物にしてしまうような後ろめたい気がして・・・
考えた挙句に、パイプの端をねじピッチの1周弱分削って、ガッチリ締まったところでパイプの止めねじ穴と三脚側のボスに側面に立てられているおねじのタップ位相がぴったり合うように調整しました。
接着剤を使えば直ぐに終わりますが、全てバラした段階で「こりゃ、絶対に本来あるべき姿に戻したい」と思ったからです。

CL3E_Restore_3.jpg
 これを御覧ください。
4×10ファインダーをバラした状態です。
写真にはスケールを置きませんでしたが、中央下の対物レンズが口径10mmです。
その上がアイピースで右端が十字線リングです。
対物レンズ枠は勿論ねじ輪で止められ、焦点調節ロックリングが外側にねじ込まれています。
アイピースもお約束通りアイレンズとフィールドを別々に固定するねじが切られたラムスデン式で、そこに対物側から十字線リングをねじ込むように作られています。
全てお約束通りなのですが、この小さなファインダーでも手抜きが見られません。
樹脂成型品を使わない全金属加工品・・・50年前のジャパンクオリティでしょうか。
取り扱ってみると、どう考えてもこれは大人サイズではありません。
が、作りに「子供だまし」が見られません。

CL3E_Restore_2.jpg
 こちらは斜鏡です。
短径20mmですから、こちらも本当に小さいです。
ちゃんと作られていますね。

 主鏡部や接眼部も写真を撮っておけばよかったですが、思った以上に時間が掛かって夜になってしまったので省略です。
クリーニングは基本的にパーツクリーナーをガンガンスプレーして拭き取るという形で進めました。
グリスも場所によって3種ほど使い分けて、ほぼ新品当時の状態に回復しました。
黒塗装は梨地(チヂミ)塗装ですので、シワシワの間に入り込んだホコリや汚れは擦っても落ちません。
パーツクリーナーでビチャビチャにして流した後不織布で吸い取るだけです。
お陰で部屋は臭いし、手はガサガサになりました。

 その後、アイピースの清掃を行ったのですが・・・こちらは一度分解されていたのか、MH(ミッティンズエーハイゲンス)12.5のフィールドレンズが逆に組み込まれていました。
MHはフィールドレンズが対物側を凸にしたメニスカスです。
これが対物側が凹に組み込まれていました。
クリーニング後、正規の形に組み込んで置きました。
アイピースのクリーニング後、タカハシのセンタリングアイピースを取り付けて、室内での光軸調整を行い、その後星での調整を行いました。
星像を確認すると、焦点内外像はそこそこ対称性もありOKかなと思ったのですが、視野周辺でのデフォーカスは勿論、何だか凄いコマが発生しています。
付属のMH12.5では倍率が60倍ほどで月の全体を眺めることが出来ますが、周辺像の崩れが酷く見られません。
やっぱりフィールドレンズは逆の方が良いのかと不安になり、確認のため反転して星像を確認してみたら、今度は周辺で凄いアスが発生します。(中周辺で星像が放射状に伸び、最周辺では円周状に潰れた形に変形します)
 本体の作りはいい仕事をされているのですが、アイピースだけはどうもいただけません。
24.5mmサイズのアイピースは主要天体望遠鏡メーカーでは作られていませんので、スコープタウンさんにOr18mmとOr9mmを手配しました。
星像確認は年明けまで持ち越します。

 これで本年の機材弄りも納めたか?
と思ったら、忘れていました。

AZ-EQ6GT_バックラッシュ調整_RA
 スカイウォッチャーのAZ-EQ6GTのバックラッシュ調整が残っていました。
購入してから、もう2年半も調整せずに使っていましたが、撮影中にチョット風が吹くと赤経、赤緯ともにスコーンとガイド星が飛んでゆくことがよくあります。
さっさと調整せねばと思いながら、どんどん日が過ぎてきました。
そこで部屋に機材を組んで調整に取り掛かります・・・って、どうもこれまで見てきた赤道儀とデザインが違います。
国産機では、軸受けハウジングにウォーム軸ハウジングがねじ止めされていて、ウォームホイールとの噛み合いをジャッキねじで調整するようになっています。
ところが、ウォーム軸受けハウジングが見当たりません。
この望遠鏡を構造を示すような図面も持っていませんし、そのようなマニュアルもありません。
仕方なく暫く眺めていました。
赤経、赤緯モータを組み込んだセンターピースそのものが両軸のウォーム軸受けハウジングになっているようです。
 写真の太い六角レンチを差し込んであるキャップボルト(これが4本あります)が固定ねじです。
細い六角レンチがセンターピース(=ウォーム軸受けハウジング)を前後に動かすための押し用ホーローセット(反対側にもう1本あります)です。
固定ねじを緩めて押しねじで前後調整することで、バックラッシュ調整が出来ます。
調整前の赤経側のバックラッシュは、バランスウェイトシャフトの先端を極軸周りに動かすと結構(感覚的ですが)カタカタしていました。
この調整で「うーん、少し動くかな?」程度までバックラッシュを詰めました。
締まっていないかの確認は、ウォームの回転トルクで見るのが正しいと思いますが、電気的に駆動電流をチェックするのがお手軽です。
しかし、そのような備えがありませんので、駆動速度を変化させて最微速から最高速でもモーターが脱調せずに動くことを確認することにしました。
AZ-EQ6GTはSLEW速度を1~9段階で選択できます。
これで軸回りで一周(360度)どこでも問題なく動作するように調整しました。
確認は中間伝達用のタイミングベルトの動きと、モーターPGによって作られ表示される赤道座標位置でみました。

AZ-EQ6GT_バックラッシュ調整_Decl
 赤緯側のバックラッシュ調整も同じです。
また、ウォームホイールとの噛み合い場所でのバックラッシュ量のチェックも感覚での確認を行いました。
これはウォームホイールの偏芯量確認になります。
赤経側は多少感じますが、赤緯側は判りませんでした。(結構良い感じ)
室内で出来る調整はここまでです。
フィールドへ出て心配なのは気温が下がったときのバックラッシュ減少です。
この赤道儀のウォームホイール材が何か情報がありません。
赤経、赤緯の軸受けハウジングもセンターピースもともにアルミ鋳物製ですが、線膨張率がそれとあまり変わらない材料であれば良いのですが。
以前、小型の据付型の赤道儀を使ったことがありますが、アルミ鋳物のハウジングに鋼製シャフト、砲金製ウォームホイールでした。
夏場には調子良かったのですが、冬場では高速運転で駆動しようとすると、ステッパーが脱調して回りませんでした。
ハウジングのアルミの方が線膨張率が大きいので、低温になるとハウジングがウォームホイール以上に縮み、バックラッシュが無くなってロックしてしまったわけです。
この赤道儀も寒~いフィールドへ持ち出して、問題が起きなければ良いのですが・・・寒くて暗い観測現場でバックラッシュ調整はやりたくありませんよね。
でも、次の出撃ではヘックスレンチセットを持って行かないと怖いです。

 そんなこんなで、今年も後6時間で終わります。
御覧いただきました皆様、一年間ありがとうございました。
良いお年をお迎えください。

voyager_camera

スポンサーサイト



南の二重星団(M46&M47)、他

M46M47.jpg
散開星団M46&M47
キャノンEOS6D(SEO-SP4,ISO800) / 5分露出×24コマ
自作ベーカーシュミットカメラBSC21(D210mm/FL677mm)
Skywacher_AZ-EQ6GT MiniBORG50+QHY5L-II+PHD2にて自動ガイド

 暮れも押し詰まって大掃除をしようと思うのですが・・・
先ずはPC内の大掃除ということで、今年の撮影画像の後始末をしています。
先日の出撃でカタリナ彗星が出てくるまでの時間つぶしに撮影していたM46とM47です。
右側のM47の上のNGC2353も含めてちょうど画面の収まりが良かったので、ベーカーシュミット用の撮影計画ファイルの中から選んで撮影しました。
左側のM46の中にある小さなNGC2438(惑星状星雲)の色をもう少し出したかったのですが、全体の平均濃度に比べて明るいため、色が飛んでしまっています。
この画面は散開星団の星々の色を楽しんでいただければ幸いです。

かもめ星雲と南の二重星団
かもめ星雲と南の二重星団
キャノンEOS6D(SEO-SP4,ISO800) / 10分露出×12コマ
SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM(絞りF4)
VixenGPD+SS2000PCにてP-PEC自動運転

 これは同じM46とM47をSIGMA180mmマクロで撮影したものです。
西北西にあるIC2177(シーガル星雲)を一緒に収めています。
小さいですがNGC2359[IC468](トールのヘルメット)が中央の右下に写っています。

NGC2359.jpg
キャノンEOS6D(IR改造,ISO3200)+LPS-P2フィルター / 10分露出×12コマ
AT10RCF(D250mmF.L.2000mm) SkyWatcher AZ-6EQGT赤道儀
QHY5L-Ⅱ+PHD Guidingにてオートガイド

 これは昨年の秋にRC10インチ鏡筒(FL2000mm)で撮影したヘルメット星雲です。(自分としては没作品)
色が綺麗な星雲ですね。
日本では南中高度があまり高くないので、透明度の悪い夜の撮影では青みが少なくなります。

 これで今年の画像処理納めです。
正月はお出かけするので、年初にレストアしようと思っていたCL3Eはこの後やらないと ・・・・・・ voyager_camera

爺様へのクリスマスプレゼント

CN3E_1.jpg
 本日、サンタクロースからクリスマスプレゼントが届きました。
この話題は50歳以上の天文ファン限定でしょうね。
この写真を見た瞬間に「LN3E」と答えられたら、あなたは天文爺さん合格です。
先日、思わずヤフオクでGETしたのですが、実はカートンが販売した「CL3E」なんです。

CN3E_4.jpg
 No.から見て1963年の製造と思われます。
既に52年も経過していますが、状態はかなり良い方で、ウェイトシャフトなどは全く錆びが発生していません。
まだちゃんと点検していませんが、主・副鏡にはカビなどは見られません。
正月休みにでもシコシコとクリーニングしましょう。

CN3E_2.jpg
 かわいらしいですねえ。
でも、これで星を見るのは、めちゃくちゃ体勢が苦しそうです。
観望用というよりは、観賞用の望遠鏡ですね。

CN3E_3.jpg
 3インチのニュートン反射ですが、ファインダーなどもちっちゃいので、まるで10インチ位の機材を眺めているような気分になってきます。
 中学生の頃あこがれて、何度もアストロ光学のカタログを集めました。
そして毎日カタログに穴が開くほど眺め続けましたが、結局に手に出来なかった望遠鏡です。
これはカートンからの販売品ですが、接眼部の銘板を除いては全く同じものです。(アストロ光学のものは「ROYAL」と書かれています)

 今夜は夢の中でファーストライト ・・・・・・ voyager_camera

Comet CATALINA C/2013 US10

カタリナ彗星(C2013-US10)20151220_BSC21-FL

 先週は金曜の朝から日曜の朝まで、三連発で朝霧へ出撃しました。
もちろん狙いはカタリナ彗星です。
初日は一人で一晩中快晴でしたが、多少風が残っていてガイドの成功率が上がりませんでした。
二日目の夜は川崎から来られたYさんと一緒でした。
夜半まで曇られましたが2時には快晴になって、Yさんもカタリナ彗星を初ゲットされました。
三日目は夕方から良かったのですが、少し疲れが溜まって来たので現地到着は22時頃になりました。
それでもまだ月が残っていたのですが、この日はIさんとご一緒しました。
Yさん、Iさんと私は、12/12にも朝霧でご一緒したのですが、一晩中曇られた挙句に朝方は雨にも降られて踏んだり蹴ったりでしたので、皆年内にカタリナ彗星を撮影できてよかったです。

 それにしてもこの彗星は暗いです。
全光度は5等以下でしょうか、位置さえわかっていれば4cmの双眼鏡で簡単に見つけられますが、ダストの尾がかろうじて見えるような気がするだけで、イオンの尾はまるで判りません。
きつい処理をした画像を確認すると、尾長は3度ほどあるのですが、とても綺麗に表現できません。
タイトルの画像は日曜の朝の彗星で、核ガイドした画像を約1時間分スタックしました。
こんなに重ねるとバックグランドは滑らかになってくるのですが、イオンの尾の分解能が落ちてしまします。
それでも見えないよりはいいだろうと、無理やり重ねています。

朝霧アリーナ20151218
 ふたご群の残りが見られないかと全天カメラも準備していましたが、成果はありませんでした。

カタリナ彗星観測in朝霧20151218
 年の瀬に三連夜晴れて楽しかったです。
その後なかなか画像の処理が出来ませんでしたが、先ずはコメットの方だけでも終わりました。

C2013US10_JST201512190444_Expo630s_BSC21F32.jpg
 こちらは土曜の朝のコメットです。
モノクロで階調反転すると尾の長さが良くわかりますが、677mm+6Dでは尾がはみ出ています。
カタリナ彗星は1/17に地球に再接近(0.72AU)となりますので、見かけの尾の長さは今以上に長くなる予定ですが、この淡さではどうにもなりません。
クリスマスプレゼントにバーストされても、月が明るいのでチョット有難くないので、お正月過ぎたら大バースト・・・なんてことになりませんかねえ。
初詣でお願いしてみましょうか ・・・・・・ voyager_camera

シグマのマクロレンズ

一角獣座の散光星雲
いっかくじゅう座の散光星雲
キャノンEOS6D(SEO-SP4,ISO1600)/5分露出×29コマ
SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM(絞りF4)

 この秋は新月期の週末に出かけられないことが多く、ついつい新機材に目が向いてしまします。
カメラレンズテスト結果を公開している海外のサイトを眺めていましたら、シグマの180mmマクロレンズが目に留まりました。
私が星野撮影に使っている単焦点カメラレンズは全てシグマのマクロレンズです。
3年前に180mmマクロがF3.5からF2.8になっていたのです。
開放からかなり良いパフォーマンスを見せるレンズということが解りましたが、あまりこのレンズで撮影された星野写真を見かけませんでした。
150mmとあまり画角が変わらないのですが、軸上色収差の補正が進み、星の周りの青ハロが少なくなっているようです。
ということで、早速ヨドバシから購入してみました。
到着してから出番が無かったのですが、一昨日からの朝霧へ持って出かけてテスト撮影しました。
例によってGPD+SS2000PCのP-PEC補正によるノータッチガイドで3時間ほどの放置撮影を行っています。
たまに星が楕円になるものが何コマかありましたが、撮影したコマを全てスタックしています。
F2.8開放でも使えるはずですが、何時もの癖でF4に絞っています。
大き目のコメットが出たら開放撮影してみたいです。
先日お仲間さんからご教示いただいたミラーアップ・フラット撮影でフラット補正がバッチリ決まり、処理が楽です。

ふたご座西部の散光星雲
ふたご座西部の散光星雲
キャノンEOS6D(SEO-SP4,ISO1600)/5分露出×48コマ
SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM(絞りF4)

 こちらは子午線越えで4時間のノータッチガイドです。
朝霧での撮影で公害カットフィルターも使っていないのですが、フラット補正が決まっているので処理が随分と楽です。
ISO1600/5分の48枚でしたが、この調子ならISO400/20分で12枚にしておけばよかったかも・・・

voyager_camera


朝霧へ出かけたのですが・・・

朝霧_20151209
 カタリナ彗星(C/2013 US10)の撮影のため、12/8、9と会社をお休みして朝霧へ出かけました。
成果は・・・芳しくありません。orz

C2013US10_-Catalina_20151208_BSC21.jpg
 12/8未明:21cmベーカーシュミットカメラのテスト撮影
アチャー、何ですか!
12/8は直ぐ近くに月がいたので「まあ仕方ないか」と諦めたのですが、翌日(12/9)も発生です。

C2013US10_-Catalina_20151209_BSC21.jpg
 12/9未明:21cmベーカーシュミットカメラのテスト撮影
どないなっとるんじゃ!
ご一緒に撮影していたボーグ76ED+レデューサの彼氏も同じように・・・
それで勝手に「金星が悪いんじゃ!」と決めて諦めました。
帰宅してからよくよく考えると、今までには経験がないのですが・・・公害カットフィルターが非常に臭いです。
どうしてそのときに気が付かなかったのでしょうかねえ。
いずれにしても、絶好のチャンスを逃しました。
もう一度朝霧でリベンジです。(12/14の朝?)

C2013US10_-Catalina_20151208_SIGMA180.jpg
 12/8未明:シグマ180mmマクロて撮影

C2013US10_-Catalina_20151209_SIGMA180.jpg
 12/9未明:シグマ180mmマクロて撮影

 掲載した写真はどれもちゃんとした処理をパスしました・・・voyager_camera

ビクセンカレンダーが届きました

2016カレンダー_月光vsビクセン
 先日、ビクセンの2016年版天体カレンダーが届きました。
入選の副賞ということで3部いただきましたので、既に9月に同じく入選の副賞でいただいています月光天文台のカレンダーと並べてみました。
大きさは月光天文台がA2サイズ、ビクセンがA4です。
写真サイズはそれぞれA3とA4ですから、月光の写真サイズは面積でビクセンのほぼ2倍あります。
月光のA3には白枠部分があり、ビクセンは枠なしのA4なので実際の差はもう少し小さくなります。
また、次の写真のように、毎日の日付の数字サイズなども月光のほうが大きく、年寄りには優しいです。
写真の作者側から見ると、サイズが大きい分アラが見えやすいのでチョット怖いですね。
それを購入された方に1ヶ月も見られるかと考えると・・・よほど自信がないと冷や汗が出てきます。

2016カレンダー1月_すばるラブジョイ彗星同テーマ_月光vsビクセン
 前置きはさておき、早速1月の写真を見てみます。
これは、テーマも画角も完全にかぶっていますね。
月光側は佐賀のTKさんで1/19撮影、ビクセン側は静岡のYO(私)で1/17撮影です。

カレンダー異種_TKvsYO
 これはついでです。
月光のポスター(月)はYOでビクセンの4月(馬頭星雲)はTKさんです。
この馬頭星雲は初めて見ました。(馬頭・・・というとオリオン座しか知りませんでした)

 実はこの他にもTKさんとYOは月光のカレンダーでもう1点づつ採用していただいています。
TKさんと私はどちらも月光2点、ビクセン1点採用されているということです。
応募する側としては既に2017年版の写真をドンドン撮っている筈なのですが・・・

voyager_camera

AZEQ6GT-Nikonピラー架頭アダプターが到着

AZEQ6GT+Nikonピラー架頭アダプタ_2
AZEQ6GT+Nikonピラー架頭アダプタ_1
 コスモ工房さんにお願いしてありました架頭アダプターが到着しました。
阿部様には色々ご無理を聞いて頂き、過去に製作したものよりも重量級に対応していただきました。
このアダプターはニコンスタンド用ですが、マウントはAZEQ6GTとEM200に載せられるようになっています。
また、ニコンピラーのフランジに止めるためのM10タップは上部に貫通せず、しかも観測のたびに着脱しても磨耗しないようにヘリサートを挿入してあります。

LOCTITE638.jpg
 先ず、ピラースタンドの高さ調整ですが、会社のノコ盤で200mmカットしました。
ピラーパイプはSGP管ではなく、構造用鋼のφ101.6×t3.2電縫管でした。
パイプ側内径は機械加工なしでフランジのスリーブを差し込んでいました。
そのままでは密着しないので接着剤を充填してありましたが、ショックハンマーで簡単に取れました。
接続部の固定が甘くて全体の強度低下を招いては困ります。
切断後は再びフランジを差し込みますが、今回は上下フランジ共に超強力な嫌気性嵌合接着剤を塗布しました。
その後パイプ外周からM4皿ねじで止めましたが・・・もう取り外し不可能でしょうね。

AZEQ6GTマウント
 次に、ピラーに載せる赤道儀マウントAZEQ6GTの底に架頭アダプターを取り付けます。
一度は付属してきましたM12のスターノブを使って、目一杯手で締め込んで組み立てました。
AZEQ6GTに元々付属している方位ノブで簡単に調整出来ますが、どうも三脚使用時に比べて全体の固有振動数が下がった感じでした。
そこで、手で締めるスターノブの替わりに、事前に準備してありました重量用のM12皿ばね座金を3枚重ね、M12六角ボルトをスパナでばね高さの2/3程締めこみます。

方位調整ノブ更新
 取り付けボルトの締め付け力をアップしたため、架台の方位調整かなり重たくなっています。
元々AZEQ6GTに付属している方位ノブは指が滑って調整しにくかったので、こちらも事前に準備してありましたスリースター形状のノブに交換しました。
こちらは指が滑らずに方位調整が出来ます。(カラフルでカワイイ!・・・しかも強力)
これでマウントをピラーフランジに載せてだるま穴のM10キャップボルトを六角レンチで締めて固定します。

AT10RCF+AZEQ6GTピラー仕様20151205_1
 25cmRC鏡筒(AT10RCF)とガイド鏡を載せて強度チェックです。
客観的に評価をするためにはちゃんとした定量的テストを行うべきですがツールを持っていません。
例えば、設置状態での打撃試験(ハンマリングテスト)を行うのが一般的ですが、加速度ピックアップ、アンプ、FFTアナライザソフトなどを持っていませんので、私のゲンコツとボケの始まった五感が頼りです。
打撃方向はウォームギヤに衝撃を与えたくないので、上の写真の状態でウェイト先端上部をピラー側に向かってゲンコツでゴン!
とやります。
そのままゲンコツをウェイトに当てて振動を感じ取ります。
 事前に三脚で組上げた状態での感じでは、2Hz程度のハッキリとした揺れが数秒間続きました。
ピラーでは揺れの振動が読み取りにくくなっています。
減衰率が格段に大きくなったのか、揺れがスッと消えてしまい、三脚のときのように波を感じません。
特に固有振動数が上がったという感じではありませんが、風の影響が減少しそう・・・あくまでも主観です。

AT10RCF+AZEQ6GTピラー仕様20151205_2
 次に25cmRC鏡筒と架台との干渉です。
三脚を使った場合は赤緯+30度以上では子午線通過2時間程度で鏡筒底が北側の三脚にぶつかりますが、ピラーでは通過します。
自作21cmベーカーシュミットの場合では赤緯+45度まで極軸下の通過が可能になりました。

21cmベーカーシュミット+AZEQ6GTピラー仕様20151205
 こちらは21cmベーカーシュミットカメラを載せた状態ですが、鏡筒が軽いので25cmRCを載せた場合と比べると、格段に固有値が上がっています。
ゲンコツテストでは延長ウェイトシャフトを外したので、ゴ~ンではなくゴン!
FLも680mm程度ですから、多少の風では問題ない感じ。(流石に10m/sを超えるような天城高原の突風には耐えられませんが)
筒も白いので見た目も25cmRC鏡筒よりも感じいい。(スタビリティも良さそう)
来週はこれでカタリナ彗星(C/2013 US10)をゲットする予定です・・・天気予報がよろしくありませんが。

voyager_camera

プロフィール

voyager_camera

Author:voyager_camera
小惑星観測屋崩れの三流天体写真家です。もう新天体サーベイも位置測定もしませんので、鑑賞天体写真撮影に努めています。天文雑誌などのフォトコンには怖くて応募しませんが、このブログ以外でも写真を見ていただける機会が増えるようボチボチやってます。(大島 良明)
mail:y-osima@r.sannet.ne.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR