FC2ブログ

部分日食 20200621

部分日食_20200621_164920JST
 私が日食観測をしようとすると雨が降るというのは2012年の金環食以来のジンクスです。
今日も天気が良ければ伊豆方面へ出かけて、久々に首都圏方面の星友と日食観測後に星見を楽しむ話がありましたが、皆さんに迷惑をかけそうなのでキャンセルしました。
結局、自宅のベランダから雲々の空での撮影でお茶を濁しました。
もう直ぐ食甚というところで全没。
スポンサーサイト



太陽黒点2765群

Sun_20200608_G58.jpg
 南半球に発生したサイクル25の黒点群です。
2年ぶりの太陽ですっかり撮影方法を忘れてしまっていました。

Sun_20200608_Ha-2.jpg
 7.908UTにBクラスのフレアが発生したとのことでしたが、もう消滅したようです。
太陽面が賑やかになる極大期まで3~4年は我慢です。

月齢11.1

月齢111_20200602
2020年06月02日21時22分~21時41分 / 8コマモザイク
Meade SC20cmF10 + Vixen-R200SS ComaCorrector3 + ASI174MC
Gain=240 / Shutter=1.00ms / Duration=90s / 30FPS-2700コマ(100%スタック)

月齢8.0

月齢080_20200501
2020年05月01日21時23分~21時37分 / 7コマモザイク
Meade SC20cmF10 + Vixen-R200SS ComaCorrector3 + ASI174MC
Gain=240 / Shutter=1.50ms / Duration=60s / 30FPS-1800コマ(50%スタック)

月齢7.0

月齢070_20200430
2020年04月30日20時46分~20時50分 / 4コマモザイク
Meade SC20cmF10 + Vixen-R200SS ComaCorrector3 + ASI174MC
Gain=240 / Shutter=1.00ms / Duration=60s / 30FPS-1800コマ(50%スタック)
 昨晩も自宅ベランダでの月面撮影です。
そろそろ惑星撮影の時期なんですが、自宅からは赤緯は低くても薄明開始時に子午線を通過するくらいでないと撮影できません。
したがって、木星、土星の撮影はもう一月ほど先になりそう。

月齢070_20200430_色彩強調
 それにしても、たかが月の画像処理に4時間以上もかかるのでしょうかねえ。
今回もOSCによるセルフLRGB合成なんですが、満月以外の月の色を出すのは難しい。
そのまま色彩強調すると、こんな風に明暗境界線付近は緑が強く縁が赤くなるんです。
これを違和感無く仕上げるのに結構手間取ります。
プロフィール

voyager_camera

Author:voyager_camera
小惑星観測屋崩れの三流天体写真家です。もう新天体サーベイも位置測定もしませんので、鑑賞天体写真撮影に努めています。天文雑誌などのフォトコンには怖くて応募しませんが、このブログ以外でも写真を見ていただける機会が増えるようボチボチやってます。(大島 良明)
mail:y-osima@r.sannet.ne.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR