クリスマスツリー星団とIC2169

クリスマスツリー星雲とIC2169_20181111
2018年11月11日03時02分~04時03分 / 3分露出×20コマ
BORG77EDII_F4.3DG(D77mmFL330mm)+EOS6D-SEOSP4,ISO3200
VixenGPD+SS2000PCにてP-PEC自動運転
小海町にて

 ピントが少し狂って、青プレーンの星像が大きく修正(まだ不十分ですが)に手間取りました。
時間が無くて焦っていたとは言え、屈折系ですのでピントはシッカリ合わせないといけませんね。

マックホルツ・藤川・岩本彗星 C/2018 V1

 久々にコメットハンターによる彗星が発見されましたので撮影してきました。(細い尾が見えています)

Comet-TempMac_2018Nov10_8228UT.jpg
C/2018 V1
2018 Nov. 10.8228UT
BORG77EDII_F4.3DG(D77mmFL330mm)+EOS6D-SEOSP4,ISO3200,3minX5
小海町にて

 最近の彗星発見は、そのほとんどが世界のビッグ・サーベイ・プロジェクトに頼っています。
しかし、まだまだアマチュアのコメットハンターも活動しているのですね。
最も発見が早かった米アリゾナのドン・マックホルツさんは、未だに眼視サーベイを続けておられるようで、今回で12個目の発見になります。
国内でも四国の藤川さんや岩本が単独発見され、3人の名が付いた彗星の誕生です。

 この週末は何人かで野辺山に集合したのですが、GPVの予報とは全く違って日没前から曇天でした。
16時に到着した段階で、私だけ斥候として標高の稼げる八千穂高原方面へ様子見で移動しました。
レストハウスふるさとは最近何度か訪れていますが、何時も霧(雲)の中で無駄な時間を過ごすことばかりでした。
野辺山に残った仲間と連絡を取りますが、どちらも曇天、結局夫々の場所で待機することになりました。
この日も時々雲の合間から明るい星が見える程度で中々晴れてはくれません ・・・ AstroGPVでは真っ黒のままなんですがね。
 結局、ふるさとで星が見え始めたのは2時過ぎでした。
おとめ座にいるC/2018 V1を撮影することができましたが、来月明るくなる予定の46Pは撮影できませんでした。
何時も遠征にご一緒するYさんは茨木の花立へ出かけていましたが、あちらは暗くなってから朝まで快星だったようで、なんとも羨ましい限りです。
野辺山に残った皆さんは成果なしで朝を迎えたということで、なんともスッキリしない遠征でした。

氷点下の朝_20181111
 既に11月ですが、最近はなんだか暖かい日が多く、その為でしょうか一向にスッキリとした秋空を拝めません。
この日もそのつもりで出かけたら、雲が無くなってから気温が急降下して、朝方は-2℃まで下がり車に貼ったソーラーパネルも真っ白になりました。(寒かった ・・・)

ふるさとから見た日の出_20181111
 日が昇ればこの通り、素晴らしい晴天なんですが。

相棒season17第5話

 先ほどテレ朝の相棒season17第4話を見終わったのですが、予告編が気になったので調べてみました。
https://www.youtube.com/watch?v=F7130k23Wq8

相棒season17第5話-1
 第5話「死を呼ぶ天文物理学者」(11月14日放送予定)は月光天文台でロケを行ったようです。

相棒season17第5話-2
 そんな話は聞いていないし、月光のHPにも書かれていないのですが、間違いないようなので勝手に告知します。
相棒は何時も見ているので、ロケ見たかったなあ ・・・

火星 20181028

 一昨晩は日本シリーズ(初戦)を見ながら火星を撮影したのですが、あまりのイメージの悪さに、撮影よりもTV観戦に力が入りました。
今日になって撮影してあったことを思い出して処理しましたが ・・・

Mars201810-1125UT.jpg

 昨晩も晴れましたが海辺に近いためか思いのほか風が強く、STC25cmにとって貧弱なGPD赤道儀には辛い状況で撮影をパス。
今日もなんだか風が強いし、昼間から音だけはもう木枯らし気分で撮る気になりません。

月齢19.1 20181029

月齢191_20181029-2
2018年10月29日04時46分~04時58分 / 17コマモザイク
MEADE SCT25cmF10(D254mmF.L.2500mm) + VIXEN-R200SS ComaCorrector3 + ASI174MC
Gain=240 / Shutter=0.80ms / Limit=30 Seconds / 31FPS-930コマ(30%スタック)
 久しぶりに月を撮りました ・・・ イメージがボロボロでこの程度のモザイク仕上げに四苦八苦です。
暫くは安定した晴れのお天気が続きそうですが、日本列島の上空に偏西風の流れが居座るようですから長焦点撮影での成果が期待できない様子。

MeadeSTC25cmF10_GPD_20181028.jpg
 先週の十三夜(栗名月)を撮ろうと張り切っていたのですが、いざ撮影を開始しようとしたら赤道儀のモーターが動かなくなっていました。
GPD赤道儀にSCT25cmは重すぎ、モーターが過負荷でご臨終になったのかと思ったので、コントローラーを製作されたくわなの空さんに送って調べていただきました。
結局モータードライバーが破損したようです。
有難いことに一週間で修理をしていただきました。

古い赤道儀モーターの交換_日本パルスモーター問い合わせ先
 その間に、もしもモーターの破損だったらと思い、ビクセンのMT-1を探したのですが既に製造中止(在庫払底)状態でした。
何時もヤフオクに中古の出品があるわけでもないので、取り急ぎ色々探しましたらモーターの製造元である日本パルスモーターでこんなページを見つけました。
直接モーターを入手できるようなので、MT-1用のPMギヤードモーターを単品で見積もり、発注を済ませました。
税込み単価¥7,938(送料別)、納期3か月ということで、ビクセンさんが購入していたであろう価格の2倍ほどになると思われますが、兎に角発注した分は予備品として確保しておくことにします。
 GPD赤道儀は軸受けが滑りなので、負荷を大きくすると転がり軸受けに比べて大きなトルクが要求されます。
SCT25cmを載せるようにしたときに赤道儀を分解して、軸受けとギヤ周りの洗浄とモリブデングリスの塗布を行ってあったのですが ・・・
もし過負荷が本当の原因でしたら、またそう遠くない将来にドライバーICが壊れるのか知らん?
今回は修理したものの、一回り大型の赤道儀に載せ替えられたら安心ですが、諸般の事情が許しません。
壊れないことを祈りながら使い続けることになりそうです。
プロフィール

voyager_camera

Author:voyager_camera
小惑星観測屋崩れの「天体写真か!」です。もう新天体サーベイも位置測定もしませんので、鑑賞天体写真撮影に勤めています。訳あって天文雑誌などのフォトコンには応募しませんが、このブログ以外でも写真を見ていただける機会が増えるようボチボチやってます。(大島 良明)
mail:y-osima@sannet.ne.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR